パラオ旅行の思い出Part2

旅行

皆様ごきげんよう。パラオ旅行の思い出Part2は2013年に家族で行ったパラオのコロール市中心部での散策や食事のことを紹介いたします。

パラオ旅行の思い出Part1はこちらから

 

パラオ旅行の思い出Part2

 

パラオのビーチ

ガラツマオの滝ツアーは午前中だけのツアーだったので午後はお土産やさん巡りやビーチなどコロール市中心部を散策しました。まずビックリしたのは公共のビーチが1箇所しかないのです。ホテルの受付の方に聞いたところ、ほとんどのビーチはホテルなどのプライベートビーチになっているので、公共のビーチは1箇所だけとのことで、そこの場所を教えてもらい行ってみる事にしました。ホテルから15〜20分くらい歩いたような記憶があります。パラオはかなり湿気があり、コロール中心地は車の交通量もあるので排気ガスの匂いなどで20分くらいの道のりとはいえ少し大変でした。ビーチ近くに着くとそこにはミルキーウェイに行くときに参加したツアーの桟橋があり、ここだったのか!とコロールの地図をようやく把握しました。(笑)ビーチに着くと砂浜は本当に小さく、入江になっているようなところでした。海に入って遊んでいる人はいなく、現地の方が2〜3人いるくらいでした。海はいうまでもなく透明で本当に静か、しかもほぼ私達家族だけの独占状態。心置きなく満喫しました。

 

 

 

 

 

 

ストーリーボード

ビーチを満喫した後は現地のお土産やさんを巡りに行きました。パラオにはストーリーボードという民芸品のお土産があります。ストーリーボードとはパラオで引き継がれた物語や伝説をボードに彫ったもので、1つ1つに意味があるそうです。民芸品はなんと現地刑務所にいる囚人達も制作しており、刑務所敷地内にはお店もあります。私たちが行った2013年の時は、囚人といってもパラオの囚人は酔っ払って喧嘩して捕まったなどの軽犯罪の人達だけだと聞きました。囚人中にはプロとしてこの民芸品を作っていた人もいるとの事です。刑務所はホテルから歩ける距離でしたが、道路より少し奥まったところにあり”刑務所です”というような建物ではないので少し分かりにくかったです。

お店の入り口に警察官の方がいるのでそこから中に入ります。入り口付近からは柵で囲まれた中にいる囚人達が見えた記憶があります。恐る恐る中へ入ると入り口には店番で会計もする囚人が1人いました。お店はそんなに大きくありませんがそこには沢山の作品が所狭しと飾られていました。四角いボード、ウミガメや、サメ、イルカなどの様々な形の物があり、中には何ヶ月も掛けて制作されたとても大きなボードもありました。1つ1つ手作業で掘られているので、この世で1つの作品達です。私はマンタの形をしたボードがとても気に入り、お土産に1つ購入しました。

ストーリーボードは街の中にあるお土産やさんにも売っていましたが、種類が少なく値段も少し高かったので、この刑務所で買うのがオススメです。刑務所でのボードの売り上げは社会福祉や刑務所の運営などに使われているそうです。

皆さんもぜひパラオへ行った時は囚人達が作ったストーリーボードをぜひ見に立ち寄って見てください。

 

現在は街中の刑務所にあるお店では手狭になったので、お店が別の場所に移動したそうです。行かれる方は現地ホテルの方などに場所を聞いて見てください。そしてこのボードは現在、囚人達だけが制作しているようです。
パラオには高級ブランドのお店や大きなモールなどはなく、ストーリーボード以外のおみやげ屋さんはメインストリートに個人で経営している小さなおみやげ屋さんがいくつかありました。プリントしてくれるTシャツ屋さんや、アクセサリーをたくさん置いているお店、お財布や、洋服を売っているお店などです。中には日本人のオーナーの方もいらして、パラオにお嫁に来たとおっしゃってました。

パラオでの食事

パラオでの最初の夕飯は初日に参加したツアー会社の方がオススメしてくれた『JIVE』というレストランに行くことにしました。レストランまでは送迎のバスがあり、そこのレストランは海に面していてオープンテラスのような感じの建物でした。夕方の時間に予約をしていたので、テーブルから海に沈む夕焼けがとても綺麗だった記憶があります。ここのレストランではハマグリのような貝や、大きなロブスターを食べました。どれもとても美味しかったです。
2日目は体験ダイビングから帰ってきてからお腹が空いたので、ホテル近くにあった屋台のようなバーガー屋さんに行ってみました。(残念なことにそのお店の名前を覚えていないし、写真にも店名が収まっていません💧)店先にはテーブルが並べてあり、そこで食べることもできます。そこのハンバーガー屋さんは注文が入ってから作ってくれるのでとても熱々でジューシーで『今までこんなに美味しいハンバーガーを食べたこたがない』と大絶賛で、私たちは次の日の朝ごはんもまたそこのハンバーガーを食べるほどでした。今現在ここのバーガー屋さんがまだあるかわかりませんが、またパラオに行くことが出来たらまずこのバーガー屋さんを探しに行きたいです。(笑)
2日目の夕飯はmog mogという街中の建物の2階にあるレストランでした。ここではパラオでオススメのマングローブ蟹や日本食であるお寿司にも挑戦してみました。こちらの握りすしのネタは、づけのものでチリソースのようなものがかかっているものでした。もちろんどれもみんな新鮮でとても美味しかったです。
3日目は午前中のガラツマオの滝のツアーから帰ってきてから街中を歩いていると、ラーメン屋さんがあったのでパラオのラーメンはどんなものかと入ってみました。そこのラーメンは昔懐かしの醤油ラーメンで、あっさりしていて懐かしい味でした。
夜はホテルの横の建物にあった中華料理屋さんのようなところに入りました。そこで私たちは初めて空芯菜を食べました。初めての空芯菜はバターとガーリックが効いた醤油で炒めたもので、とても美味しくてお代わりを頼んだほどです。そこで空芯菜に出会うまで私たちの住んでいる街では見たことがありませんでしたが、1、2年後にスーパーで初めて見かけた時は嬉しくて毎回のように買ってました。(笑) 今ではどこのスーパーでもよく目にしますね。
パラオではコウモリスープがあるので挑戦しようかと思ったのですが、やめときました。^^;
パラオ3泊4日はとっても充実した毎日を過ごせ、心身共にリフレッシュすることが出来ました。7年経った今でもパラオ旅行は本当に印象に残っていて、またぜひ訪れたいと思っています。 皆さんもぜひ機会があったら大自然のパラオを満喫してみてください。本当にオススメです。



スポンサーリンク
スポンサーリンク
旅行
voyageえむをフォローする
えむの雑記ブログ
タイトルとURLをコピーしました